別のPCに Thunderbird を引っ越しする方法 その3 (プロファイルマネージャを使用する方法)

てくの侍です。

以前、別のPCに Thunderbird を引っ越しする方法として、プロファイルフォルダーの名称を変更する方法profiles.iniを編集する方法をご紹介しましたが、フォルダー名を変更したり、ファイルを書き換えたりするので、PCの操作があまり得意ではない方は難しい場合があるようです。

それで、今回なるべく安全な方法としてプロファイルマネージャを利用する方法をご紹介します。

Thunderbird68は、インストール時のデフォルトプロファイルの名称等が変更になっているので、この記事の方法が良いのではないかと思います。

Thunderbirdには、複数のプロファイルを切り替えて使用できる機能があり、プロファイルマネージャというプログラムで切り替えます。今回はをれを利用してThunderbirdの引っ越しを行う方法をご紹介します。

※本作業は、やり方を間違えるとThunderbirdが起動できなくなったり、過去のメールデータがなくなったりします。 ご自身の責任で作業を実施してください。 特に、古いPCのプロファイルはバックアップなどを行ってしっかり保全してください。プロファイルが残っていればなんとかなりますが、なくなってしまえばどうしようもありません。

0.プロファイルマネージャとは

Thunderbirdには複数のプロファイルを使用できる機能があります。

「プロファイルマネージャ」は、プロファイルの作成や削除に使用され、どのプロファイルを使用して Thunderbird を起動するかを選択するプログラムです。

「プロファイルマネージャ」は、Thunderbird の一機能として実装されていますが、デフォルトでは表示されません。「プロファイルマネージャ」を起動する “スイッチ” をつけて Thunderbird を起動する必要があります。

1.古いパソコンでの作業

古い PC の Thunderbird を起動し、以下の作業を行います。
1.「メニュー」 を開きます。

2.「メニュー」の下の方にある「ヘルプ」をクリックします。

3.「ヘルプ」画面の真ん中ぐらいにある「トラブルシューティング情報」をクリックします。

4.「トラブルシューティング情報」画面の「アプリケーション基本情報」欄の「フォルダーを開く」(Macの場合は「Finderを開く」)ボタンをクリックします。

5.「Profiles」の中が表示されるので、そこに既定値だと「old12345.default」(old12345の部分は、実際はランダムな英数字8桁です)フォルダーが表示されていると思います。この「old12345.default」フォルダーにThunderbirdのすべての設定が保存されています。

6.この「old12345.default」を、USBメモリーに保管またはネットワーク上の共有フォルダーにコピーします。

2.新しいパソコンでの作業

新しいパソコンで以下の作業を行います。
1.新しいパソコンに Thunderbird をインストールします。
Thundrbird のインストーラーはここからダウンロードできます。

2.ダウンロードしたThundrbird のインストーラーをダブルクリックしてインストールしてください。

3.インストールできたら、Thunderbird を起動してください。
アカウント設定画面が表示されますが、ここでは何もしなくていいです。
「キャンセル」ボタンをクリックしてください。

4.古いパソコンと同じ方法で、「Profiles」の中を表示します。「new67890.default-release」、「xxx.default」のようなフォルダが2つあると思います。

5.Thunderbird を終了してください。

6.「Profiles」の中に、先ほどの古いパソコンの「old12345.default」をコピーします。

7. ここまでで新しいパソコンの「Profiles」フォルダーには、「old12345.default」、「new67890.default-release」、「xxx.default」 のみっつのフォルダーがある状態になっています。

※ここまではこれまでの方法と同じです。

8.このページを参照して、プロファイルマネージャを起動します。

9.「Thunderbird – ユーザープロファイルの選択」画面で「新しいプロファイルの作成」をクリックします。

10.「プロファイル作成ウィザードの開始」画面が開きますので「次へ」をクリックします。

11.「プロファイル作成ウィザードの完了」画面が開きます。任意のプロファイル名を入力して「フォルダーの選択」をクリックします。

12.「プロファイルフォルダーの選択」画面が開きます。手順通り作業していれば、「old12345.default」、「new67890.default-release」、「xxx.default」 3つのフォルダーが表示されていると思いますので、 「old12345.default」 をクリックして「フォルダーの選択」のボタンをクリックします。

13. 「プロファイル作成ウィザードの完了」画面 に戻りますので、「完了」ボタンをクリックします。

14. 「Thunderbird – ユーザープロファイルの選択」画面に戻ります。一覧に今入力したプロファイル名が表示され、選択されている状態(行の背景色がグレー)になっていると思います。選択されていなかったらクリックして選択してください。

「今後このプロファイルを使用する」にチェックを入れて、「Thunderbirdを起動」ボタンをクリックします。

3. Thunderbirdが起動します

これで、新しい PC でまったく今まで通りの Thunderbird が使えるようになっているはずです。

以上、Thunderbird の引っ越しの方法(プロファイルマネージャを使用する方法)でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク