Mac デビューした元 Windows ユーザーへ ショートカットキー編

てくの侍です。
拙者はずっと Windows ユーザでした。

でも Windows 8 以降、Windows OS が使いにくくなったと感じていました。
(拙者は、特にスタートメニューとコントロールパネルが使いにくくなったと思います。Windows 10 は 8 よりはマシになったとは思います。)

そんなときに、使用していた PC を買い換えることになったのですが、Windows は使いにくいしどうしようかと思ったわけです。

それで、結局以前からちょっと興味のあった Mac を使ってみようかと思い、値段も手頃だった MacBook Air を購入したのが Mac とのつきあいの始まりでした。

Mac と Windows では当然ながらいろいろ使い勝手も違うので、拙者のように元 Windows ユーザーが Mac ユーザーになったときに気をつけることや、便利なことを紹介していきたいと思います。

今日は、ショートカットキーについてです。

Mac デビューした元 Windows ユーザーが最初に戸惑うことに、ショートカットキーが違うことがあると思います。

そこで、Mac で自分がよく使うショートカットキーを、Windows との比較でまとめてみます。
(全部ではありません。自分はプログラマーとかではないので、何もかもショートカットキーを使おうなんて気はまったくありません(^^; )

まずは、初級編です。
Windows 時代にいちばんよく使っていた、コピーや貼り付けのショートカットキーは、特殊キーの部分が違うだけで、アルファベットのところは同じですね。

<<ポイント>>
Mac では、Windows の “ctrl”キー が ”command”キーに相当します。
commandキーの後に入力するアルファベットは、大文字でも小文字でもかまいません(Windows と同じです)。

機能 Mac ショートカット Win ショートカット
切り取り command + X ctrl + X
コピー command + C ctrl + C
ペースト command + V ctrl + V
取り消す command + Z ctrl + Z
すべてを選択 command + A ctrl + A
プリント command + P ctrl + P
保存 command + S ctrl + S
終了 command + Q ctrl + Q